Home未分類>腸内環境を整えてダイエット(脚やせ専門エステリフィート京都四条店)

Sat2016.10.15

腸内環境を整えてダイエット(脚やせ専門エステリフィート京都四条店)

こんにちはリフィート京都四条店の小林です
小林 (3)

皆様秋がやってきましたね~
朝晩の冷え込みが。。。
服の調節をして風邪をひかないように気をつけて下さいね~

今日は豆知識のご紹介しちゃいます
人の脳と内臓の働きはつながっていることはご存知でしょうか?
『ストレスは腸にくる』と良く言いますよね
腸は第2の脳”ともいわれていて、脳の次に神経がたくさんあります
ストレスを溜めたままにしてしまうと
腸にもストレスがいき、悪玉菌が増え、腸内環境が悪くなる場合もあります
腸内環境が悪いと代謝が悪くなり、水分が滞りむくみが出るなど
ダイエットに不向きな身体になってしまいます
腸内環境を良くして痩せやすい身体創りをしましょう

幸せホルモン“セトロニン”を増やしましょう
人の脳には『痩せる脳』と『太る脳』があり
その違いはセトロニンの量といわれています

セトロニンは通称“幸せホルモン”とよばれていて
喜怒哀楽の感情をコントロールして
癒しや安らぎを感じさせてくれます

このセトロニンが減ってしまうと
食欲が増したり、いくら食べても満腹感が得られなくなるため
ダイエットに失敗する=『太る脳』に繋がります
セトロニンを増やすには腸内環境を整えることがポイントです

腸内環境を整えるには“米ぬか”がオススメ
米ぬかにはたくさんの栄養成分が含まれています

ビタミン類
米ぬかに含まれるビタミン類には、脂肪燃焼を促し
皮膚や髪の毛の成長を促す働きを持っています。
また美肌効果も得られます。

ミネラル類
ミネラル類は体内でつくることが出来ないため
食品やサプリメントで摂取する必要があります。
ミネラルは身体の機能の調節や維持に欠かせないものであるので
積極的に摂取することが大切です。

食物繊維
食物繊維は有害物質を排泄したり、腸内環境を正常化するなどの効果があり
肥満を防いだり、便秘解消が期待できます。
また、食物繊維が大腸内で発酵・分解されるとビフィズス菌などが増えて
腸内環境が整います。

腸内環境を整えることで得られるメリット

体内のバランスが整う
代謝が良くなる
ダイエット効果が早くあらわれる
デトックが出来るため、太りづらい体質になる
ストレスを溜めずにダイエットを続けることが出来る

簡単に米ぬかを摂り入れられる“Re:moove”サプリメント

『とにかく早く脚やせをしたい!』
『長年ダイエットをしてきたけど、効果が得られなかった』
『ストレスを軽減しながらダイエットがしたい』

そんな方へオススメ
米ぬかをサプリメントで簡単に摂取することが出来ます。
通常扱いにくいとされている米ぬかを有用微生物で特殊発酵させた
自然由来のサプリメント。
食事から摂ることが難しい米ぬかも
Re:mooveで簡単に身体に摂り入れることができます

リフィートの新アイテムRe:mooveは皆様のとっても力強い味方ですね
身体の中からキレイな人になっちゃいましょう

くう様1



 リフィートでは年齢・タイプ・体質に関係なく
    脚を細くお創りしています

 無料カウンセリング
          
     お申し込みはコチラから


   早く脚やせをしたい方!
   本気で脚やせをしたい方!
   脚やせってちょっと気になる!
まずはリフィートのコース体験しましょう

リフィートの技術がつまった
   体験コース
  ご用意しております

         
     お申込みはこちらから
未成年者は保護者の同意書が必要になります

instagram → refeat_official で検索
FACEBOOK URL →https://www.facebook.com/Refeat.bikyaku
LINE URL →http://www.ashiyase.jp/line_me/
脚やせ情報だけではなく美容方法などのワンポイントアドバイスもたくさん掲載
さらにお得な脚やせコース情報も。。。

    エステティシャン大募集
私たちと一緒にリフィートで働いてみませんか?


美容のお仕事をしてみたい方
「脚やせ」に興味がある方
脚やせの技術を身につけて、キレイになりたい方

未経験大歓迎
脚やせの知識や技術だけでなく、礼儀礼節・ホスピタリティについても学べます
詳しくはコチラから
http://www.ashiyase.jp/recruit/



COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://refeatshijou2009.blog99.fc2.com/tb.php/1892-38550d50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)